素材のこだわり・製法

CONCEPT

おいしいお茶をお届けしたいから、
どこまでも丁寧に。

自然豊かな佐渡島は、千種類以上の野草が自生する、野草の宝庫。
採取からパッケージングまで手間を惜しむことなく丁寧に、優しい口当たりになるブレンドを作りました。

STEP01

生命力溢れた
天然野草を摘み取る

佐渡には1100種類もの植物が自生しています。自然豊かな野山や庭先に生き生きと芽吹いている野草たちを丁寧に手摘み。植物の声を聞きながら一番エネルギーに溢れている時期を選びます。朝露の残っている午前中に採取して、すぐに水洗い。摘み取った瞬間から葉っぱの発酵が始まってしまうので時間との勝負です。

STEP02

色と栄養素を
失わない乾燥

高機能の乾燥機で色合い、風味、栄養を閉じ込めます。水洗いした野草は1~2センチほどにカットして乾燥。乾燥時間が短いほど新鮮な茶葉になります。

STEP03

茶葉の味を
決めるカット

乾燥した野草は茶葉になるため手もみしてさらに細かくカットします。手もみすることで味がまろやかになる気がします。ここでばらばらの大きさだった茶葉を同じ大きさにすることでブレンドしたときに味のばらつきがなくなります。

STEP04

遠赤外線効果の
焙煎

陶器のドラムでじっくり焙煎することにより遠赤外線効果でさらにおいしい茶葉へと変身していきます。茶葉ごとに焙煎時間や火加減を変えることも大事なポイント。

STEP05

粉ふるい

雑味の元となる粉を落とすために専用の機械で丁寧に振るいます。そうすることで濁りのない透き通ったお茶になります。振るい落とした粉は粉茶として使います。

STEP06

「美味しい!」の
声をききたい。
こだわりのブレンド

0.1g単位で茶葉を調整していきます。 お客様が口に含んだ時に笑顔になるようなブレンドを当店のブレンダーが心を込めて行っています。